【完全解説】読むだけでビットコインがもらえるアプリ Cheeese(チーズ)の安全性は?

アプリ

Cheeeseは、ニュース記事の閲覧やネットショッピングなどでビットコインが貯まるポイ活アプリです

お金を一切かけずに無料でビットコインを獲得できるので、ビットコインに興味があるけど自己資金を使いたくはないという人には特にオススメです。

ただし、Cheeeseを初めて使う人からすれば、

  • Cheeeseって安全なの?危険性を事前に知っておきたい。
  • Cheeeseの評判や口コミは?実際に使ってみた感想を知りたい。
  • ビットコインの貯め方や送金方法は?

といった疑問を持っているかもしれません

そこで今回は、Cheeeseの危険性や評判、ビットコインの貯め方や送金方法などについて解説します

\こちらもチェック!/
歩くだけで仮想通貨を貯めることができるアプリ

ポイ活アプリ「Cheeese(チーズ)」とは?

Cheeese(チーズ)とは?

Cheeese(チーズ)は、ニュース記事やネットショッピング、サービス利用など、無料でビットコインが稼げるポイ活アプリです

「仮想通貨には興味はあるけど、買って損をするのが怖い」という仮想通貨の初心者が多いと思いますが、そんな人でもノーリスクでビットコイン運用を始められます。

また、ビットコインは価格変動が激しいので、ビットコインの価格が高騰すれば大きな利益が見込めるという点もCheeeseならでは魅力です。

また、貯めたビットコインは仮想通貨取引所を通して換金できます

【危険性】Cheeeseは安全?

無料でビットコインがもらえると聞くとだいぶ怪しいですが、結論から言うと、Cheeese(チーズ)の安全性はだいぶ高めです。

以下、Cheeeseの運営会社などの安全面にまつわる情報をまとめておきました。

運営会社はマネックスグループ

Cheeeseを運営しているのは「マネックスクリプトバンク株式会社」で、暗号資産やブロックチェーンの調査や研究をしている会社。

ネット証券大手の「マネックス証券」や暗号資産取引所として有名な「コインチェック(Coincheck)」などを抱えるマネックスグループの完全子会社です。

マネックスクリプトバンク自体はそこまで大きな会社ではないようですが、背後にマネックスグループの揺るぎない経営基盤があるので安心です。

また、マネックスグループは金融事業をやっているので、Cheeeseに登録している個人情報や保有しているビットコインを保護するためのセキュリティ対策は万全と言えます。

Cheeeseの仕組み

Cheeeseでビットコインが無料でもらえる仕組みはカンタンで、一言でまとめると、「Cheeeseで得た広告収入の一部をビットコインで還元している」というだけです。

ビットコインが無料でもらえるというと裏がありそうですが、Cheeese自体もしっかりと収益を上げているので大丈夫です

登録に必要なものは「電話番号」だけ

Cheeeseの会員登録や利用に必要な個人情報は「電話番号」だけです

一般的に、ポイ活アプリでは、さまざまな個人情報を取られることが多いのですが、Cheeeseは個人情報の入力に抵抗がある人でも登録しやすいアプリになっていて、メールアドレスや名前、性別、年齢、住所などの個人情報は一切不要です

また、電話番号を入力するのが不安な人もいるかもしれませんが、電話番号は本人確認をして第三者からの不正利用を防ぐためなので、Cheeeseを安全に使うためには必須です

ビットコインの貯め方

Cheeese(チーズ)でビットコインを貯める方法は大きく6つです。

お小遣いアプリとしてはかなり充実している部類で、稼げるコンテンツも年々増加中です。

  1. ニュース記事を読んで貯める
  2. 買い物で貯める
  3. サービス利用で貯める
  4. 口コミを書いて貯める
  5. アンケートに回答して貯める
  6. 友達紹介で貯める

ただし、他のお小遣いサイトと比べて注意点もあるため解説していきます。

①ニュース記事を読んで貯める

毎日配信される投資ジャンル(仮想通貨や株式投資など)のニュース記事を読んでビットコインを貯める方法です。

具体的には、ニュース記事の最下部にある「BTCが当たる?」をタップすることで1日に3回ビットコインがもらえます

チーズの大きさもらえる
ビットコイン
チーズの粉0.00000001BTC
チーズのかけら0.0000002BTC
チーズのかたまり0.000001BTC

要するに、チーズが大きくなれば報酬もその分UPしていく仕組みです。

また、自分の好きなメディアを自由に選択できるので、投資の初心者は自分の勉強したい分野を選んで、勉強しながらビットコインを貯めましょう

②ネットショッピングで貯める

ネットショッピングで貯める Cheeese

Cheeeseを経由して買い物をすると購入金額の数%がビットコインで還元されます。

楽天市場が対象外なのはやや残念ですが、Yahoo!ショッピングやauPayマーケット、Qoo10などの定番ショップは基本的に取り扱っている(約400店)と思っても良いでしょう

③サービス利用で貯める

サービスの無料会員登録やクレカの発行、口座開設などでビットコインを稼ぐこともできます。

ビットコインがもらえる案件は、以下の通り。

 サービス利用の具体例

  • 無料会員登録
  • 口座開設(銀行・証券・仮想通貨・FXなど)
  • クレジットカード発行
  • アプリのダウンロード
  • 資料請求
  • ふるさと納税で寄付
  • セミナーや面談への参加
  • 通信・回線・Wi-Fi・SIMなどの契約
  • 電気・ガスの契約
  • 保険の契約
  • 買取や査定の申し込み
  • ウォーターサーバーの契約
  • etc..

サービス利用は1回の報酬単価が高いのが特徴なので、数百円~数千円分のビットコインを効率よく一気に稼ぎたい人にオススメです!

④口コミを投稿して貯める

サービスや商品の口コミを書くことで稼ぐ方法で、五段階評価と100~500文字の口コミを1件書くと1円分のビットコインがもらえます。

Cheeeseでは、ビットコインが貯まるショップやサービス以外にも、ありとあらゆるネットサービスの口コミを募集しているので、口コミ投稿の稼ぎやすさは国内トップです!

⑤アンケートで貯める

アンケートに答えてビットコインを稼ぐこともできます。

アンケート自体は1分もかからず終わるカンタンなものなので、電車の移動中や仕事の休憩時間などの暇つぶしには最適です。

ただし、アンケートの単価や配信量を考慮するとマクロミルやinfoQなどのアンケートサイトの方が圧倒的に稼ぎやすいのが正直なところです。

⑥友達紹介で貯める

友達紹介で貯める Cheeese

Cheeeseでは、友達にCheeeseを紹介してビットコインを貯めることもできます。

具体的には、友達が新規登録時に招待コードを入力すると、紹介報酬として0.00002BTCがプレゼントされます。

紹介者が紹介報酬を受け取れるのは1ヶ月に5人までという上限が設けられているので、友達紹介でガツガツ稼ぐのには向いていませんが、1回の紹介報酬はかなり高めです。

ビットコインの送金(出金)について

Cheeese(チーズ)で貯めたビットコインは、暗号資産取引所(仮想通貨取引所)を使って現金化できます。

Cheeeseに本登録した人のみ送金機能が使えます。

ビットコインの換金方法

Cheeeseで貯めたビットコインの換金方法は簡単で、貯めたビットコインを暗号資産取引所の口座に送金し、その後ビットコインを売却するだけです

そのため、ビットコインを送金する前に、暗号資産取引所(コインチェックやbitflyer、GMOコイン、DMMビットコインなど)の口座は開設しておきましょう

送金手数料と最低送金額について

Cheeeseからビットコインを送金する際には、送金手数料や最低金額などの諸条件があります。

以下、ビットコインの送金にまつわる重要ポイントを表にまとめました。

貯めたビットコインの送金について
送金の最低金額0.00002BTC+送金手数料
送金手数料0.000005BTC
送金予定日送金申請から5日営業日以内

ビットコインの有効期限には注意

Cheeeseで貯めたビットコインは、最後のログインから180日で自動的に失効するので注意しましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました