STORESで出店するのにかかる手数料はいくら?出店前に知りたい4種類の手数料

ネットショップ

ネットショップ作成サービス「STORES(ストアーズ)」は、出品した商品が売れたときと、売上金を振り込むとき、さらに振込を早めてほしいときに、それぞれ手数料がかかります。また、振込金額が1万円未満のときには別途、手数料がかかります。

整理すると、手数料の種類は次の4つとなります。

  1. 決済手数料
  2. 振込手数料
  3. 事務手数料
  4. スピードキャッシュ利用手数料

そして、STORESには無料・有料プランがあり、各手数料も変わってきます。この記事で詳しくご紹介します。


決済手数料(プランで異なる)

STORESで出品中の商品が売れて、お客様が決済をするタイミングで「決済手数料」が発生します。minneCreemaで言うところの「販売手数料」ですね。

STORESの決済手数料はプランで異なります。

・フリープラン:5%

・スタンダードプラン:3.6%

※スタンダードプランは月額料金が発生。その分、決済手数料が安くなっています。

フリープランの手数料5%でもかなり安いほうです。BASE6.6%40円に比べても低コストで運営ができます。ただし、スピードキャッシュを利用すると手数料は割高になります。

振込手数料(プラン共通)

商品が売れたお金(売上)は、STORESに預けています。

この売り上げは、決済手数料・振込手数料を差し引いた入金金額が1万円以上となったときに、指定口座に振込まれます。

振り込むときの手数料(プラン共通)

振り込むときの手数料
(プラン共通)
入金金額1万円未満1万円以上
振込手数料275円275円
事務手数料275円0円
合計550円275円

振込手数料はプラン共通で275円です。スタンダードプランを選んでも、安くなったりはしません。

事務手数料(プラン共通)

事務手数料は、振込金額によって異なります。プラン共通です。

• 振込金額が1万円未満の場合:275円

• 振込金額が1万円以上の場合:0円

STORESでは、振込金額が1万円以上にならないと振込がされません。

1万円未満でも振り込んで欲しいときは、売上振込の設定を「入金金額が1万円未満でも振込」の設定にします。ただし、この設定をすると振込金額が1万円未満のときは、手数料として550円(振込手数料275円+事務手数料275円)もかかってしまうので注意が必要です。

振込が急ぎでなければ、「入金金額が1万円未満でも振込」の設定を解除しましょう。

スピードキャッシュ利用手数料(プランで異なる)

STORESは月末締めの翌月末払いなので、振込まで最長で60日もかかってしまうことがあります。

それを早めるのが「スピードキャッシュ」。翌日振込が可能になります。

スピードキャッシュを利用すると、各決済手数料に加えてスピードキャッシュ手数料(フリープラン:3.5%、スタンダードプラン:1.5%)がかかります。

先ほど決済手数料をご紹介しましたが、あらためてスピードキャッシュ利用時の手数料を表で見てみましょう(以下)。

スピードキャッシュ
利用時の手数料合計
プランフリースタンダード
決済手数料5%3.6%
スピードキャッシュ
手数料
3.5%1.5%
手数料合計8.5%5.1%

スピードキャッシュ利用時は、事務手数料は発生しません。というのも、スピードキャッシュが利用できるのは、振込対象売上が1万円以上あるショップのみですので、「振込手数料」「事務手数料」「スピードキャッシュ」と3重に手数料がかからないようになっています。

まとめ

STORESにはフリープランとスタンダードプランがあります。

プランによって変わる手数料は

  • 決済手数料:フリープラン5%、スタンダードプラン3.6%
  • スピードキャッシュ手数料:フリープラン3.5%、スタンダードプラン1.5%

2つ。

そして、振込時の手数料はプラン共通で

  • 振込手数料:275円
  • 事務手数料:275円(振込金額が1万円以上の場合:0円)

です。

プラン選びは、毎月の売り上げで考えます。15万円以上の売り上げが見込めるならスタンダードプランを、そうでないのならフリープランをおすすめします。



コメント

タイトルとURLをコピーしました