声で癒されたい人におすすめ!人気ラジオ配信アプリ「Spoon」の魅力とは?

アプリ

現在ライブ配信アプリが人気となっていますが、その中でも顔出しを気にせずに配信や視聴を楽しめるアプリ「Spoon(スプーン)」のことを知ってますか?

あなたのお気に入りの声を見つけてリスナーになるもよし、自分の声でファンを作るもよしです。

ソース画像を表示

ラジオ配信アプリ「SPOON(スプーン)」とは?

Spoon(スプーン)とは株式会社Spoon Radio Japan が運営する個人ラジオ配信サービスです。

音声のみに特化したアプリであるSPOON(スプーン)は2018年3月に日本でリリースされて以来、「スプナー」の愛称で呼ばれる人々が数を伸ばしています。

スプーンのダウンロードはこちらから

SPOON(スプーン)の特徴は?

ラジオアプリSPOONでは、生配信の「LIVE」、収録された音声が聞ける「CAST」、聞きたいセリフをリクエストしたりできる「TALK」の3つの使い方でアプリを楽しむことができます。

ラジオアプリSPOONでは、生配信の「LIVE」、収録された音声が聞ける「CAST」、聞きたいセリフをリクエストしたりできる「TALK」の3つの使い方でアプリを楽しむことができます。

SPOONは声だけの配信のため顔出しをする必要がなく安心して利用することができます。

また、SPOON(スプーン)はラジオ配信のためカメラなどの配信用の機材を買う必要がありません。

スマホだけで配信ができるため配信を始めてみたい人もお金をかけずに始めることができます。

SPOON(スプーン)の使い方は?

パソコンとマイク

視聴側と配信側でそれぞれの使い方を紹介していきます。

①リスナーとして配信を聞きたい時

SPOONで配信を視聴する方法を見ていきます。

配信の種類は以下の3つ

LIVE  ・・・音声のみで生配信
CAST  ・・・録音済み音声コンテンツの配信
TALK  ・・・録音済み音声コンテンツの募集

SPOONのアプリを開くと画面上部にLIVE・CAST・TALKの3つを選ぶところがあるので、そこから視聴したい機能を選びます。

気になる配信をタップすると生配信がスタートして聞くことができます!

spoon1

どの放送がいいのか迷ってしまった時は「おすすめ順」をタップすることで自分の好きなカテゴリを選んで番組を選ぶヒントにしてみてもいいかも♪

配信画面ではコメントを送信したり、ハート「♡」を押して配信者を応援したりすることができます!

spoon comment
コメントで応援しちゃおう!!

「寝る前にラジオを聞いて寝たい…」という方もいますよね?

そんな人たちにおすすめなのが「寝落ちタイマー」!

左下のマークを押して時間を設定することでその時間に自動で配信をストップしてくれるので安心して寝ながら聞くことができますね

spoon timer
真ん中のボタンが寝落ちタイマー

②配信したいとき

SPOON(スプーン)で配信したい時は画面下の「+」を押して「LIVE、CAST、TALK」の中から好きな配信スタイルを選択できます。

spoon8

最初のうちは何回でも撮り直せる「CAST」がおすすめ!

LIVEの場合は「LIVE配信」と「FAN配信」を選ぶことができます。

LIVE配信…SPOONのユーザーに対して不特定多数に向けて配信します。
FAN配信…SPOON内の特定のフォロワーに向けて限定配信します。

配信をする際にはタイトルを3文字以上書かないと配信することできないので注意しましょう!

あとは配信のカテゴリーを決めて配信を始めるだけです!

自分の趣味のことや自分が話したいことなど思いのままに配信してみましょう。

SPOONの投げ銭の方法について

小銭

・投げ銭って?

投げ銭とは、配信者に対してリスナー(スプナー)がアイテムを送る(投げ銭する)ことです。

リスナーはリアルマネーで「スプーン」というアプリ内通貨をチャージしてそれを配信者に送ることができます。

配信者はもらったアイテムの1~4割が自分の取り分となります。

この割合は配信者自身の配信頻度や人気の高さによって変わります。

気軽に配信活動ができるSpoonでラジオ配信にチャレンジ!

パソコン

配信してみたいけど顔出しに抵抗がある方でライブ配信をいつも聞く側に回っていた方にとって「Spoon」はピッタリなアプリです。顔出し不要なので気軽に始めることができます。

Spoonならだれでもいつでもどこでもラジオ配信をすることができるので、暇を持て余した休日や寂しさを感じる夜、時間がたっぷりあるおうち時間など、ぜひ配信や視聴をしてみましょう!!

スプーンのダウンロードはこちらから!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました