オリジナルスマホケースやTシャツが作れるアプリ「PRISMA」について解説!

アプリ

スマホケースどれにしようかな、、と悩んだことありますよね?

人と被るのはいやだし、あまりにもシンプルなのも嫌だ

そんな人たちにお勧めなのがオリジナルスマホケースを作れるアプリ「PRISMA(プリスマ)」です。

本記事ではこのPRISMAについて解説していきます

\合わせて読みたい!/

「PRISMA(プリスマ)」とは


PRISMA(プリスマ)」は、スマホにある写真・イラストでオリジナルのiPhoneケースやTシャツ、トートバッグをつくれるアプリです。

iPhoneケースはiPhone5以降から最新機種まで対応。iPod touchも第5世代以降に対応しています。

ケースデザインは1000種類以上と豊富で、写真を使わないデザインも多数あり、目を引く文字デザインで名前やメッセージを入れることもできます。

iPhoneケースの価格は2,000円〜となっており、
アプリのダウンロードは無料
商品を注文するまでお金は一切かかりません。

「PRISMA」のクーポン情報


現時点では誰でも利用できるクーポンの配布やキャンペーンの実施はありません。

購入者限定で商品の写真をSNS投稿するとお得なクーポンをもらえることもあるので、リピートを検討されている方は商品に同梱のチラシを確認しましょう。
クーポンコードは、購入手続きの画面で入力すると割引が適用されます。

「PRISMA」の支払い方法と配送方法


「PRISMA(プリスマ)」の支払い方法は5種類あります。

  • クレジットカード
  • 代金引換(代金引換手数料330円が別途かかります)
  • 銀行振込(商品に同梱の請求書に記載の銀行口座へ振込 ※手数料は購入者負担)
  • コンビニ後払い(商品に同梱の請求書を持ってコンビニ・郵便局で支払い)
  • Apple Pay

配送方法は2種類。
1回の注文で3,800円以上の購入は送料が無料になります。

  • メール便(300円)
    ヤマト運輸「ネコポス」のポスト投函
  • 宅配便(550円)
    ヤマト運輸の対面手渡しで配送日と時間帯の指定が可能

お届け日の目安は注文画面(カート)に表示されます。

「PRISMA」でつくれるスマホケースの種類


6タイプのケースから選べますが、機種やテンプレートデザインによっては注文できないタイプ・種類があります。

ソフト・ハードケース(2,000円)
ソフトケースは上部で弾力があるTPU素材を使用。


ハードケースはクリア、ブラック、ホワイトの3種。軽くて丈夫なポリカーボネート樹脂製を使用したケース。


グリッターケース(2,800円)
シルバー、ゴールド、ピンクの3種。小さなラメがケースの中をキラキラ動くケース。


ラバーケース(3,000円)
ブラック、ピンク、ライトグレイの3種。最もプリントに適した新設計のケース。パネルは着脱可能


レザーケース(5,000円)
ブラック、ブラウンの2種。天然の牛革を使用したケース。


手帳型ケース(3,500円)
クリアケース、ブラックケース、ホワイトケースの3種。
2枚分のカードポケット、取り外しできるカードサイズミラー、フタが閉まるマグネット付き。

「PRISMA(プリスマ)」でiPhoneケースを作る方法


最初の画面で[デザインをはじめる]をタップし、デザインを選びます。

デザインテンプレートを使用せずiPhoneにある写真を選んでデザインしたいときは、下部にある
[自分でデザインする]をタップします。
モデルを選ぶ画面があらわれるので機種(または商品)を選択します。

つくりたいアイテム(ケース)の種類を選ぶと編集画面に切り替わります。
[写真をえらぶ]をタップしてiPhoneケースに印刷する写真を選びましょう。

編集画面では写真を追加したり切り抜いたりできるほか、フレームを使ったり背景色を変えたり文字をのせることもできます。

編集を終えたら、右上の[次へ]をタップしてプレビューを確認します。

OKであれば[カートに入れる]ボタンをタップして購入手続きをすすめます。

「PRISMA(プリスマ)」でiPhoneケースをつくるときの注意点


「PRISMA(プリスマ)」は編集の途中で一時保存して中断し、後から再開することはできません。
(プレビュー画面で保存したデザインも再編集することはできません。)

iPhoneケースに写真を大きくプリントするなら解像度に注意してください。
小さいサイズ(低解像度)の写真はきれいに印刷できない可能性があります。
LINEやSNSでもらった写真やWebサイトからダウンロードした画像、スクショは推奨サイズに満たないこともあります。

推奨サイズを知りたい場合は、最初の画面で右上のメニューボタン(三本線)をタップし、[よくある質問 ]から
[印刷が荒くならない画像のサイズを教えてください。]を確認しましょう。

「PRISMA(プリスマ)」はおしゃれなテンプレートデザインを取り揃えているので、いいデザインが思いつかない時はテンプレートからアイデアを見つけてみてください

初心者でも、デザインにこだわりたい方も気軽に試すことができるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

\関連記事/

コメント

タイトルとURLをコピーしました