大学生こそ家計簿をつけよう!リンククロス家計簿を解説|マネーフォワード以上の使い勝手

アプリ

大学生は収入源がバイトと奨学金だけということもあり、お金の管理が難しいですよね。
そんなお金の管理をするのが家計簿ですが、ついつい面倒になってつけなくなってというのはあるあるですよね。

そんな人たちにお勧めな家計簿アプリが「リンククロス」です!
家計簿アプリとして名が知られているものといえば「マネーフォワード」があります。

そんなマネーフォワードですが、実は色々な会社と提携して似たような家計簿アプリのサービスを提供しています。
この記事では、マネーフォワードが提携しているサービスの一つである、「リンククロスPowered byマネーフォワード」について紹介します。

リンククロスは、マネーフォワードの機能が搭載されているので、マネーフォワードと同様に銀行口座残高やクレジットカードの履歴を自動で記録してくれます。
また、リンククロス無料版は、マンスリーレポートや資産管理などマネーフォワード無料版では使えない機能が一部利用できます。

「マネーフォワードのプレミアム版を使ってみたいけどお金は払いたくない」という人は、リンククロスを使ってみてください。資産管理、カードやポイントの履歴確認等がとても簡単にできるので、手軽に節約に取り組むことができますよ。

リンククロスはこんな人におススメ
・ 家計簿入力が面倒な人
・ 日々忙しく、家計簿入力の時間がとれない人
・ 家計簿アプリに課金せず、極力節約したい人

リンククロス家計簿Powered byマネーフォワードとは


Linkx(リンククロス)家計簿とはSOMPOひまわり生命が提供している家計簿アプリです。
(SOMPOひまわり生命では他にも万歩計アプリのリンククロスアルクやリンククロスコインズなどを提供しています。)

リンククロス家計簿は「Powered by マネーフォワード」とされています。
これはマネーフォワードを搭載している、という意味で、本家のマネーフォワードと同様の機能を利用することができます

アプリの見た目や使い勝手もほぼ変わりません。

リンククロスとマネーフォワードのプレミアム版の違うところ


リンククロスもマネーフォワード(本家)の場合、無料版とプレミアム版があります。
まずは陸クロスとマネーフォワードの有料版で使える機能を比較します。

プレミアム版の追加機能無料会員リンククロス家計簿マネーフォワード
料金0円月額500円月額500円
データ閲覧可能期間過去1年分制限なし制限なし
連携可能数10件まで制限なし制限なし
グループ作成1件まで制限なし制限なし
連携口座の自動更新頻度高い高い
連携口座の一括更新×
カードの未確定利用残高表示 ×
家計診断××
家計資産レポート×
資産内訳・推移グラフ×
負債内訳・推移グラフ×
ポイント・マイルの有効期限の表示・通知 ×
カード引落し時の残高不足の確認・表示 ×
広告非表示×
CSVダウンロード ×
プレミアム版の保証・サポート無料会員リンククロス家計簿マネーフォワード
プレミアムサポート×
新機能優先リリース×記載なし
データバックアップ保証×
サービス継続性保障(SLA)×

リンククロスとマネーフォワードのの無料版の違うところ


リンククロスとマネーフォワードの無料版を比較すると次のような点があります。

マネーフォワードよりもシンプルな見た目

リンククロスとマネーフォワードは見え方や各ボタンの配置は似ています。リンククロスの方が、ボタンの数が少なくシンプルな見た目になっています。

↓リンククロスの画面↓

リンククロス家計簿。マネーフォワードよりもシンプルな見た目

↓マネーフォワード↓

マネーフォワード家計簿

リンククロスは無料版でもマンスリーレポートが使える

リンククロスでないと使えない機能が、マンスリーレポートです。
収入や支出、総資産等の前月からの増減を簡単に確認できます。
また、家計診断も見ることが出来て、理想の家計と自分の家計を比較することができます。

リンククロスの場合、マンスリーレポートが確認できる

リンククロスは無料版でも資産管理グラフが使える

マネーフォワードだと無料版では、株式や投資信託などの資産の確認機能が制限されています。

マネーフォワードだと、資産の詳細をグラフで確認できない。

リンククロスだと、無料版でも資産管理をすることができます。

リンククロスだと、資産管理グラフが利用できる

リンククロスは広告の数が少ない

マネーフォワードはアプリ内の広告やメールマガジンでの広告メールが多いです。
毎日のようにPRのメールが来るので、うっとうしく感じる方もいるかもしれません。

リンククロスの場合は、そういたPRのメールが殆どありません。ただし、SOMPOひまわり生命という生命保険会社が運営しているため、アプリを開くと家計診断や生命保険会社への導線はあります。

導線はありますが、広告スペースが大きく無いですし、ポップアップの表示等も無いので、マネーフォワード無料版と比べると広告を気にせず、快適に利用することができます

リンククロスのメリット


では次にリンククロスのメリットを紹介します。

金融サービス連携で、自動で資産管理ができる


通常のマネーフォワードと同じですが、様々な金融機関と連携できることが一番の特徴です。
家計簿アプリは面倒なイメージがあるかと思いますが、リンククロスは連携した金融サービスの記録を自動で取り込んでリンククロスのアプリ内で確認することができます。

無料版だと10個まで、かつ1年以内という制限があります。
制限はありますが、普通の生活をする分には十分な数です。

また、1年以上前の家計簿の記録を見る必要はあまりありません。
本気で家計管理をしているのであれば別ですが、大学生ですし、1年以内の家計簿でも、自分の無駄遣いは把握出来ます。
なので家計の改善をすることはできるかと思います。

レシートをカメラで撮るだけでグラフ化が可能


リンククロスは、レシートをカメラで撮るだけで家計簿に自動入力することができます。ただし、レシート読み取りの精度はそれほど高く無いため、費用分類や店名が読み取れないこともあります。

読み取った後の記録の修正は必要ですが、大まかにでもレシートを自動で入力できます。

マンスリーレポートや資産管理などプレミアムサービスの一部を使える


リンククロスの場合、マンスリーレポートや資産管理など、通常のマネーフォワードだとプレミアム版でないと使えないサービスを利用することができます

無料版だと1年しか記録を確認できませんが、マンスリーレポートや資産管理もできるので、家計のムダを把握して節約を進めることは十分可能です。

リンククロスのメリット
・ 金融サービス連携で、自動で資産管理ができる
・ レシートをカメラで撮るだけでグラフ化が可能
・ マンスリーレポートや資産管理などプレミアムサービスの一部を使える

まとめ


リンククロスは、マネーフォワードと同様に銀行口座残高やクレジットカードの履歴を自動で記録してくれるのでカードやポイントの履歴確認等がとても簡単にできます。

それに加えてマンスリーレポートや資産管理など、通常のマネーフォワードだとプレミアムな機能が一部使えるので、無料で、効果的に節約したい人にはおススメの家計簿(資産管理)アプリです。

大学生から家計簿をつけたいと考えている人には是非試して欲しいアプリです。

家計簿アプリをどれにしようか悩んでいる人はぜひリンククロスを試してみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました