学生のうちに旅行で訪れたい!海外おすすめランキングTop7

旅行

学生の皆さん、今どこか行ってみたい海外の国はありますか?

社会人になると行ってみたいけど、時間が中々取れないということも多いのが現実ですよね、

そこで今回は学生のうちに1度は訪れたい海外を、ランキング形式でお届けします!

第7位 グルメを楽しむ「台湾」

 (36489)
 (51404)

成田から約4時間で行ける台湾は、思いついたらさくっと行ける手軽さで、人気を集めています。

毎年、多くの日本人が旅行に訪れることから、簡単な日本語を話せる人も多く、初めての海外が多い学生旅行にはぴったりです。

台湾といえば外せない観光スポットが〝九份〟まるで映画のセットのようなレトロな街並みに、飲茶やお土産さんの店舗が並びます。

海外旅行に行くと食が合うか心配になりますが、台湾は小籠包やタピオカミルクティーなど、日本でも見慣れたグルメが溢れているので安心して楽しめますよ。

第6位 リゾートでゆっくり「インドネシア バリ島」

 (51396)

バリ島は、実は外国人観光客の中で1番多いのが〝日本人〟

日本人の接客に慣れたスタッフが多いので、初めてでも安心です。

また少ない日数でも楽しめるので、予算が多くない学生旅行にぴったり。

〝シンバランビーチ〟でサンセットを眺めたり、〝フランジパニ〟でマッサージを堪能するなど、ゆっくりリゾート地で過ごしたいと思っているカップルや女子旅におすすめです。

第5位 雄大な大自然を体感できる「オーストラリア」

 (51400)
 (51401)

日本の約20倍もある広大な敷地が広がるオーストラリア。治安が安定していることから、昔から日本人観光客に人気の旅行先です。

定番の観光名所〝エアーズロック〟や世界遺産にも登録されている〝ブルーマウンテンズ国立公園〟や〝グレートバリアリーフ〟など雄大な自然を感じることができるのが、オーストラリアの1番の魅力。

どこまでも広がる美しい自然に出会うと抱えている不安や悩みも吹き飛ばしてくれそうです。

第4位 憧れのヨーロッパ「イタリア」

 (51403)
 (51406)

せっかく海外に行くなら、やっぱり憧れのヨーロッパ圏へ旅行したいですよね。

世界遺産がヨーロッパの中で1番多いのはイタリア。初めて行くなら〝コロッセオ〟や〝トレヴィの泉〟を始め、日本でもお馴染みのイタリアの名所が集まるローマを中心に旅をするのがおすすめ。

女子旅やカップルで訪れるなら、映画「ローマの休日」に出てくる、〝スペイン広場〟や〝真実の口〟も外せません。

また本場のイタリアンを堪能するのも、楽しみの1つ。ピッツァやパスタなど、1度本物を知ると、帰国時には舌が贅沢になっているかもしれません。

第3位 世界を動かす大国「アメリカ合州国」

 (51407)
 (51414)
アメリカを代表する自由の女神

経済・文化とともに、アメリカを中心に世界が動いているといっても過言ではない現在。

〝アメリカンドリーム〟という言葉があるように、成功を夢見てアメリカを訪れる人は今も少なくありません。特にアメリカの中心地である〝ニューヨーク〟は多感な学生のうちに、訪れることで、将来の目標や考え方に何か刺激をもたらせてくれるかもしれません。

また〝自由の女神〟や〝メトロ・ポリタン美術館〟などの観光スポット巡りも良いですが、映画やドラマに実際に出てきたロケ地を巡る旅も楽しそうですね。

第2位 感性を磨ける国「フランス」

 (51409)
誰もが知るエッフェル塔
 (51410)
魔法の国に迷い込んだよう

あなたが思い描くイメージ通り、街行く人から建造物まで絵になるおしゃれな風景が広がるフランス。

首都であるパリは特に、ファッションの街として名高く、芸術やファッションの世界を目指している多くの人が毎年、パリを訪れます。

フランスの観光スポットといえば〝ルーブル美術館〟や〝モンサンミッシェル〟が有名ですね。絵や建造物の本物の美しさを体感し、自分の感性を磨きたい人にフランスはぴったりです。

第1位 人生で1度は観たい絶景「ボリビア」

 (51412)
空が映し出され、まるで空中にいるよう
 (51413)
360°が満点の星空

人生で1度は観たい絶景にあげる人も多いボリビアの〝ウユニ塩湖〟

ボリビアといえば、ここしかないというぐらい有名な絶景スポットです。日本からは移動時間が丸1日、2回の乗り継ぎが必要になる為、たどり着くまで根気が必要になります。

自由な時間の多い学生のうちに、行っておきたいスポット。

またボリビアは情勢が不安定な為、旅行に行く場合はきちんとしたツアー会社に申し込んで、十分な準備を整えましょう。

〝ウユニ塩湖〟の絶景は、アンデス山脈が海底から隆起した際に大量の海水が山に残り、出来た自然現象。

昼間はもちろんのこと、360度星が散りばめられたように見える夜景は神秘的。実際に目にしたときの感動は計りしれません。

大学生が海外旅行に出かけるメリット

1.日本にはない刺激がたくさんある

海外には刺激が盛りだくさんです。日本とは比べものにならないほどの壮大な自然、異質な街並みや人々の生活、味わったことのない料理、先進的な建物や不思議なお店….

その刺激はあなたの人生において大きな衝撃を与えてくれます。

2.国際交流ができる

その土地の人々とコミュニケーションをとるのは海外旅行の魅力の一つです。拙い言語でも何度も挑戦すれば相手は理解してくれますし、スマホの翻訳機能を使用すれば窮地に陥ることはありません。

もしかすると素敵な出会いもあるかもしれませんよ。

3.国際感覚が養われる

グローバル社会において国際感覚を養うことは非常に大切です。いざ、黒人と出会った時に尻込みしてしまったら恥ずかしいですよね。

外国人とのコミュニケーションに不安を感じている人も多いと思いますが、それは単純に経験がないからです。

海外の人たちの生活に触れ、コミュニケーションを通じて国際感覚を培うことができます

4.異文化体験ができる

海外の生活は日本と全然違います。文化が異なることを本やテレビで知っていても、それを実際に体感したことがあるかどうかで大きな差が生まれます。

海外に出ることで、他人に聞いた知識だけではなく現地での経験知を増やしていくことができます。

5.新興国なら物価が安くて贅沢ができる

新興国なら物価が日本の1/3程度だったりするので、さほどお金がなくても贅沢に旅行を楽しむことができます。

日本円で1万円あれば海外では3万円分の物やサービスを買えちゃうわけですから、とっても楽しいことができそうですよね。

6.広い視点で物事を考えられるようになる

海外経験はあなたの視野を劇的に広げてくれます。

狭い価値観の中で人間関係や将来の不安など抱えている学生はたくさんいますが、自分の身の回りにあるものが海外ではどうなのか・どんな世界があるのかを知れば小さなことで悩まなくなります。

どうして70億人もの人が暮らす世界で、数十人の間の人間関係に悩むのか?

考えてみれば不思議なものですが、狭い世界にいるとこれに気が付けません。一度外の世界を見てみましょう。

7.多様な価値観を受け入れられるようになる

日本人は共同体意識が強いので、集団生活を乱すような行為をする人を嫌いがちです。

とはいえ、人の価値観はそれぞれで相手が自分と違う価値観を持っているのは当たり前であり、海外で頭のおかしな人たちに触れればきっと身の回りのおかしな人のことも受け入れられるようになります。

「普通に考えて…」「常識的に…」このような言葉の曖昧さにそろそろ気がつきましょう。

8.将来の選択肢が増える

世の中には可能性で満ち溢れています。海外に目を向けていると人生の選択肢は無数にあるのだと実感できます。

将来について悩むこともあるかもしれません。ただ、過去への悔やみと比べて、未来へのその悩みがどれだけ素敵なものであるかを考えてみてください。

社会人になってからは、海外旅行に行く時間を作るのが困難になる

大学生のうちはお金さえあれば、いつでも海外旅行に出かけられますが、社会人になってからはそうはいきません。

仕事があるので長期休暇を取りづらいですし、結婚してしまうと資金的にも時間的にもかなり厳しくなってきます。また、海外旅行に出かけて「海外で働きたい」と思ったところで、一度就職した後の職業の方向転換は困難であり、色々と大変になります。

大学生はお金はないものの、時間はたっぷりあるはずです。社会人になってから「もっと早く海外に出ていれば…」と後悔したくなければ、一度でも良いので早いうちに日本を出てみてください。

異質な世界を実感し、自らの価値観を壊す

海外旅行の魅力はやはり、日本では体験できない非日常を経験できることです。

海外について知っているだけで終わるのではなく現地生活に触れて違いを実感することで、既存の価値観が壊され、新たな価値観が生まれてきます。

将来についての考えも変わってくるかもしれないので、まだ海外経験のない学生は就活前に一度海外を経験することをおすすめします。

意味不明な飲み会や遊びに使うお金を節約していけば海外旅行に行くお金はきっと貯まると思います。何にお金を使うべきかをぜひ考えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました