一人暮らしにおすすめしたい調理家電5選|ポイントはスペースと値段!

一人暮らし

一人暮らしでは、便利で使い勝手のいい調理家電があると嬉しいですよね。手軽に使えるキッチン家電があれば、一人暮らしのキッチン周りが快適になり、料理が楽しくなること間違いなしです!

一人暮らしならではのコンパクトタイプや、あると便利な調理家電、そして時短につながるほったからし料理を可能にしてくれる人気の調理家電をピックアップしました。充実した一人暮らし生活のために、調理家電を見直してみませんか?

一人暮らしにおすすめの調理家電

①炊飯器

一人暮らしの炊飯器は、場所を取らない小さめタイプのものがおすすめです。

ワンルームのような一人暮らし用のお部屋では、調理家電も部屋から見える場合が多いので、おしゃれなデザインのものを選ぶのも人気です。

こちらの炊飯器はコンパクトタイプで、機能性にも優れています。

▼一人暮らしの炊飯器の選び方

②ホットプレート

友達を家に呼んだり、一人でテレビを見ながら肉を焼いて食べたり、ちょっとした贅沢な気持ちになるホットプレート

着脱も簡単でお手入れもしやすく、使い勝手を意識して選ぶようにしましょう。

一人暮らしでも調理しながら卓上で熱々の料理が食べられるのが嬉しいですね。

▼大学生の一人暮らしの方向け圧力釜おすすめ

③圧力釜

一人暮らしでも本格的な料理ができる人気調理家電の圧力鍋。食材を入れてセットするだけで、コトコト煮込んで作る料理も時短で簡単にできるのが魅力です。

他にも無水調理や低温調理、発酵調理などいろいろな料理にも活用できます。

調理家電の中でも火を使わず調理できるので、安心感も抜群です。予約調理も対応しており、お手入れも楽チンで機能性にも優れています。

▼大学生の一人暮らしの方向け圧力釜おすすめ

④電子レンジ

一人暮らしはこれがないと始まりません。

食べ物を温めるだけの機能のものからオーブン機能があるものまでさまざまあるので自分の料理スキルと相談しながら選ぶのがいいと思います。

選ぶときのポイントとしては機能数とワット数、容量なんかを見るといいですね

▼電子レンジの選び方

⑤電気ケトル

電気ケトルは、一人暮らしの台所にあると便利な家電です。お湯をすぐ沸かせるので、お茶を淹れたりカップ麺作りに使えます。

有名どころのティファールから便利でおしゃれなものまであります。

便利な保温機能や3段階の温度設定機能がついているのもあるで、自宅でお茶をゆっくり楽しみたい一人暮らしの方は保温機能がついているものにしましょう。

▼電気ケトルの選び方

調理家電を選ぶポイントは、種類・サイズ・消費電力!

鍋で長時間煮込む工程を時短できる、材料を入れるだけで勝手に調理してくれるなど、料理にかかる時間や手間を減らせる便利な「調理家電」。その技術進歩はめざましく、各メーカーから魅力的な調理家電が次々と発売されています。

調理家電の人気ランキングや口コミ・レビューをチェックする人も多いようですが、自分のライフスタイルに合った調理家電を選ぶことが最も大切です。

調理家電を選ぶポイント1:種類・目的で選ぶ

「直火炊きのようなおいしいご飯が食べたい(=炊飯器)」、「料理を時短したい(=電気圧力鍋)」など、欲しい家電の種類や目的が明確であれば、まずはそれを基準に調理家電を選びましょう。

チェックポイント
・家電の種類(コーヒーメーカー、オーブンレンジ、ノンフライヤーなど)
・達成したい目的(料理の味や質の向上、時短になる、簡単に作れるなど)
・新しく欲しい機能(温度設定機能、無水調理、発酵機能など)

調理家電を選ぶポイント2:サイズ・重量・容量を確認する

具体的に購入する家電が決まったら、キッチンで調理家電を置くスペースを考える必要があります。メーカーの公式サイトやパンフレットなどで、調理家電のサイズ(幅x奥行x高さ)をチェックしましょう。

また、意外と忘れがちなのが、調理家電の重量です。電子レンジラックなどに置く場合は、重量オーバーにならないか、他の家電の重さと合わせてチェックしましょう。

家族の人数や1回の調理でどのくらいの分量を作るかなど、容量も調理家電の選び方で大切なポイントです。最近はコンパクトなサイズや一人暮らし用の調理家電も増えています。

チェックポイント
・キッチンに置けるサイズか
・重量が重過ぎないか
・家族の人数に最適な容量か

調理家電を選ぶポイント3:消費電力を確認する

調理家電は電気で調理するのが基本。事前に消費電力を確認して、どのくらいの電気代になるのかを知っておきましょう。家電量販店などでは、1か月にかかる電気代の目安を公開している場合もあるので、それらを参考にしてみましょう。

チェックポイント
・消費電力を確認する
・1か月の電気代の目安を確認する

その他、最近はホワイト以外にも、ブラックやシルバーなど、色(カラー)・デザインにこだわったおしゃれな調理家電も人気です。長く使うものだけに、値段や機能はもちろん、各メーカーの調理家電のデザインも比較・検討しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました